FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-11-07

魔王の幻想

「真の狂気に震えるがいい!」(by若本規夫)

続きを読む »

スポンサーサイト
2009-04-01

中二病大炸裂

今日は四月一日だ。
世に言うエイプリルフールだが、よくよく考えてみれば

(田爾殻)「知ってる?今日麻O総理が辞任したって。」

(他人)「えーうそ!?。」

(田爾殻)「うっそぉ~~~ん♪」

なんてやり取りをしたところで微塵にも面白くないし
ブログじゃやりにくいので嘘はやめよう。みんな傷ついちゃうよ…悲しいよ…。
僕はいつでも世界が幸せになってほしいと願ってるんだ。嘘じゃないよ。



さて、今日は俺の彼女を紹介させてもらう。
フフフ…普遍的に見れば俺はカスかも知れんがな、居るものは仕方がないのだ。
おっと、嫉妬はしないでもらいたい…彼女が悲しむじゃないか。
エイプリルフールだろ…とか思ってるね?嫉妬ですか?酷いですね。
多分ここ見てる95%の方は「田爾殻オワタ/(^o^)\ナンテコッタイ」って顔してるだろうが
居るものは仕方がないのだ。



そう、俺に合うのがいるのもまた真実!
さて、今こそ紹介しましょおおおおおおおおおおおおおおお!!!。
これが俺の嫁だああああああああああああああああああああああああああ!!!。


パソコンのキーボードですよ?
どうだい?この子は。
美しすぎるフォルムだろう。





ただのキーボードですよ?
これが素顔。
あまりに美しくて叩いてしまうよ。




…なんだその目は。
まるでゴミを見る目じゃないか。
そんな目で俺を見るな。




ううう…ちくしょう…。
ちくちくちくちくちくちくちくちく
ちくちくちくちくちくちくちくちく
ちっくしょーーーーーーーーーーーーー!!!。
仕方ないだろ!エイプリルフールなのになんも思いつかなかったんだよ!。
彼女なんか出来る訳ねーだろ!へっ、わかってますよ!。



図に乗って本当に申し訳ありません…。

2009-03-30

後味がどうにも

特に書くことも無いので今日は短めで。


先ほど汚盛が買ってきたとある蝉の鳴く頃に展開されるストーリーを読みました。
鬼隠しとかいう章らしいんですが無知な俺からすれば知った事では無い。
汚盛曰く「漫画で久々にビビった」、はは~ん、面白そうじゃないの。
と言う訳でペラペラと軽く読んでみた訳ですわ。ええ、何の気なしに。
超個人的な読んだ感想としては…。





こわっ!怖っ!超絶怖ッ!
読んだ後確実にナイトメアを見る位怖ぇ!!。



いや、ストーリーに関しては詳しくは無いが…なんか後味の悪い物語だな…。
こういう風にバッドエンドな物語はわしは好きじゃないな。
これを好きな人はきっと精神が強い人なんだろーなぁ…俺にはキツ過ぎた。
ネタばれするとウヒェーな人が出るかも知れんから言わんが
とりあえず一つだけ言いたい事は終盤の登場人物の目があまりに怖すぎる。
バイオハザードっていうレベルじゃねーぞ。


これを楽しんで見れる人を心底尊敬するわ…俺はもう…無理…。

2009-03-21

無情だな!

発明の父=エジソン

工作の父=ワクワクさん


意味分からないと思うけど気にするな。飯がまずくならぁ!。
まぁいい、とりあえずコイツを見てくれないか
空気を読まないゴロリ【ワクワクさん】
わしがリンクする→消えるが繰り返されたので削除

偶然youtubeで見つけたんだが、ゴロリの自由奔放さは異常www
ところで皆youtubeって「ようつべ」?それとも「ユーチューブ」?。
他にも面白いのいっぱいあるからたまにアップしたいと思う、異論は認めない。


まぁどーでもいいや。



御絵描きしました。
ペンタブによる処女作なんですが、あまりにも酷過ぎる。
影の付け方分からんし配色意味分からんし形崩壊してるし全て終わってるし
もう生きて居ちゃいけませんって素直に言ってもらった方がうれしい。

とりあえず恥を晒してみる。
描いたのはFFⅤとDFFに出てくる「エクスデス」というラスボスだ。
エ ク ス デ ス

肩はどこ?とか顔に当たる部分白っぽいしキモッとかそもそも田爾殻が絵ェ描くなとか
言いたい事はいろいろあるだろう。分かった、三途の川の上で聞こう。
宇宙の法則が乱れる!とか言ってる場合じゃございません




なんか呼吸が面倒臭いなぁ♪
ちょっとあっちで死んできま~す♪。




その後…田爾殻の姿を見たものは一人もいなかった…。

2009-03-03

漫画の回想シーンって便利すぎだろ

田爾殻日誌=面白いもの書けるようになりたいなー
真・田爾殻日誌=狂ってるもの書けるようになりたいなー
己の日記=現在進行形で最狂

とまあいつものようにラリラリな頭を抱えてしどろもどろの田爾殻こと俺だが
今日は球技大会とか言う球ころ遊びに強制連行されておりました。
今日は昨日までと違って有り得ねーくらい寒いのになんでこんな中サッカーせにゃならんの?
インドア&怠惰な俺からして見ればキャイキャイ言ってる奴らが羨ましい。
かといって「つまんねー、やる気ねー」ってそやつらに水を差すのは愚者のすることだぜ。
みんなはそういうことしちゃだめだよ!田爾殻との約束だ!。

ま、俺は活躍もせずウケもせず果てには相手にもされず、しかも失態を繰り返すという
さらに最悪な行為をはたらいていたんですがね…。

ま、楽しけりゃいいじゃん?そうだよな?


つまんなかったけどな!!。

まぁいいや。とりあえず前回の続きを行ってみまShow!。
面白くねーよとかの苦情は壁にでも言ってろやぃ!

ごめんなさい、嘘です。どしどし言って来てください。
むしろ俺に作文するうえでのアドヴァイスを下さい。最近自分の記事が何ともね…。


まぁいいや。
という訳で、書かせてもらおう。




前回のあらすじ的なもの。
とある男Tさんは、己の晴れ舞台卒業式に遅刻ギリギリで登校した上に
歌を歌ってるっつうのに全校生徒の眼前で他人に背中を掻いてもらうなど暴虐無人に尽き
更にはどこからかパクってきたライチの種を学校の鉢植えに忍ばせることのみを考えていた。

うへ♪あらすじとか言っておきながら書いてなかった事かいてごめーんね♪

午前10時前。
「6年生を送る会」を終えた6年生たちの中にTさんもいた。
その時、下級生が制服に花を仕立てるという気取ったイベントがあったんだが
こういう風に他人に祀り上げられることに慣れていなかったシャイボーイTさんは
何故かただつけてもらうだけなのにガッチガチに固まっていた。
それを見ていた友人は

(Tの友人)「お前…なんでこんなんで緊張しちゃってんの?。」

(Tさん)「だって、あとちょっとで門出の言葉だぜ?緊張しねー方がおかしいだろ。
     ま、俺は緊張なんかとはかけ離れた男だがな。」

ちなみに実のところを言うと「緊張しないキャラ」を作っていただけで
実際は心臓と肝臓が両目から飛び出るくらい緊張していた。

「門出の言葉」というのは
6年生が先生方や在校生に向かって「卒業します!」とかなんとか言うアレであり
卒業式練習の90%はこれの練習だったといっても過言では無い重要なものだ。
最近仲間有紀恵さんがCMでやってる奴みたいに「楽しかった 運動会!」とか、そんなの。
特にうちのは凝ってるって話は聞いたことがあるけど、まぁ、やらせに変わりは無い。

という訳で体育館に入場。
ベタな緊張の仕方として間違えて手と足を一緒に出してしまう歩き方をする人がいるが
Tさんの場合はすでに手の動きを感知出来ないほどに固まっていたらしい。

ついに始まった卒業式。
まずはあの長ったらしい「卒業証書授与」が行われた。
2時間以上かかるし暇だし緊張で頭真っ白になるしで良いとこなしのこの項目だが
1組だったTさんは自分の番をさっさと終え爆睡していた。

(知人)「おい…!先生にバレるぞ!起きろ、T!。」

(Tさん)「んあ…?もう終わったのか…?なんかお腹痛いからトイレ行きたいねんけど…。」

(知人)「お前…ホンマにアホか!さっさと起きろこのデブ野郎!。」

そんな友人も呆れるくらいのグダグダ加減で授与終了。
Tさんは急に便意を催したので、挟まれるはずの休憩でトイレに行こうと考えていた。
この後も門出の言葉とか言うのが残ってるし、最後まで耐えるには辛いレベルの腹痛だった。

休憩なんてあるはず無いけどね。

さあどうするTさん。
この後には門出の言葉と卒業生凱旋が残っている。多分2時間は軽くかかるだろう。
今噴出したい「アレ」は2時間も腹の中で静かに待っていてくれそうも無い。
かといって卒業式を途中で抜けてウOコしに行くのもどうかと思う。
困った…とか言う暇も無く「門出の言葉」が始まる。
運悪く台詞があったTさんはこれで逃げる事が出来なくなった。

(Tさん)「ヤバいな…普通の腹痛だったらなんとか耐えられそうなものを
     今日のは今までとは違う核弾頭的な痛みだ…。」

良く分からない人の為に説明すると
普通の痛み=車の中でも腹痛になってもコンビニまで耐えられるレベル
極限の痛み=腹が「ボコボコッ」と鳴り始め、薬のようにトイレを求め始めるレベル
と言えばだいたい分かってくれるかな?。


(先生)「どうしたの?。」

(Tさん)「ああ先生、ちょっと腹痛くて…。トイレ行ってきていいっすか?。」

(先生)「あらそう、ざまあ無いわね。頑張って耐えて。」

…世の中のティーチャーはいつの間にこんな無情になったんだ…。
どうせテメェなんか眼中にねーよ!朽ち果てやがれ!。

そして回ってくるTさんの番。
声を張らないと後ろの方まで聞こえねえと耳にタコが出来るほど言われたので必死だ。
だが声を出した瞬間、屁が出たときは「人生終わった…。」と思いかけたわ。


腹中のブツもギリで抑え切り、門出の言葉終了。体育館を後にする。
感極まって泣いてるやつがいたが、Tさんは別の理由で泣きたかったのだが
実際には3リットルは難いぐらい冷や汗が出ていた。
そして最後に下級生に祝われながら校門の方まで歩く、するとなんだか
歩くたびに腹の中のブツが揺れているような気がした。あの時は本当にヤバかったわ、マジで。


卒業式も終わり、もう帰ってもいいはずなのだが
親御さんらや別れを惜しむ友人らが会話するタイムなっているらしく、誰ひとり帰ろうとしないし
Tさんの母もTの知人や知人の母と会話したがっていたが、Tさんはそれを許さなかった。
実際にはTさんの中に存在する
何かがそれを許さなかった。


他人を押しのけ、帰宅。
家に帰る道中Tさんの母はあまりの身勝手さに不機嫌になっていたが
Tさんはどこ吹く風で這うようにして帰っていったのだった。

T さ ん の 脳 裏 に は

既 に ラ イ チ の 種 の 事 な ど 無 か っ た 。


一体Tさんとは誰なのか。
それは誰にも分からない永遠の謎である…。


おしまい。

2009-03-02

テンプレート変えました

Q:初代萌えキャラは?
A:ドラミちゃん


さて、今日も元気に狂っている別名「生きる恥さらし」田爾殻こと俺だが
タイトルにもあるとおりテンプレートを変えさせて頂きました。
まぁ緑→青になっただけで根本的に変化はないと思いたいが、文章の位置が違ったり
リンクの幅が違ったりといろいろ試行錯誤の余地がありそうだ。
こんな素晴らしいテンプレートを作った名も知らぬ作者様に敬意を表するとともに
これからも頑張っていきたいと思っております。うん、適当抜かした。

うへ♪初っ端から意味分かんなくてごめーんね☆


さてさて、今日は学校(思えば校外活動ばっかだったから学校に行ったのは5日ぶりだ)で
卒業式練習とかいう卒業式という出来物をより精巧にするための予行を行いました。
ぶっちゃけた話、卒業式ってただ卒業証書授与すれば目的を果たしちゃうようなもんなんだし
別に感動シーンを無理やりねじ込まなくてもいいんじゃない?と思ったが黙っておく。
つか、卒業式って完全にやらせだよね。

まぁいいや、とりあえず定番の校歌&旅立ちの日にを歌って、段取り合わせて、終了。
世の奥様方はこういう練習の風景を見るとさぞかし絶望するだろうな。
感動的というよりはもう「とっとと終われよコノヤロー」オーラがみなぎっていたし。

そんなこんなで終了。長らく世話になった教室を掃除する。
よく学期末や長期休校の前にやる大掃除ほど大掛かりなものじゃなかった。
一言でいえば中掃除。そんな中途半端具合。まぁいいや、さっさと終わらせよう。
はやく家帰ってカオスをぶちのめさなきゃならないんだよ。

という訳で、帰宅。今に至る。
10日が卒業式だ…っつうことは、あと8日で中学生じゃなくなるのか。早いもんだな。


ネタが無くなったので、卒業式にまつわる昔話をさせてもらおう。
どこの卒業式もこんな感じで練習して本番を迎えるのが定石なんだが
たとえ練習がパーフェクトでも本番でヤバくなると全てパアになってしまうという例えとして。

これはとある男が小学校6年生のときに起きた、悲劇の物語である。




~3年前の3月~

(とある男ことTさん)「ヤバい!卒業式に遅刻する!。」

この日、めでたく小学校を卒業する少年Tは焦っていた。
いつもの時間に起床していては間に合わないという事を完全に忘れており
悠長にしていては遅刻するというアホさ120%な事態に陥ってしまったのだ。
ちなみにいつもは間に合ってるのかというと、そういう訳でも無い。

デブなりに急いで学校に行く。なんとか間に合ったようだ。
Tさんは教室で休みたがっていたが、校内に入ることは許されていない。
いきなり整列。そして外で6年生を送る会みたいなのが始まった。

Tさんは決して友人の多い方では無かった。
更に無口だった為、全員で整列してるときにもペチャクチャ喋って注意されることはあまりない。
という訳で、Tさんの周りには監視のティーチャーが居なくなった。

とここで第一の問題が発生。突然背中がかゆみだしたのだ。
Tさんはこの日の為に用意した礼服(制服みたいなもん)を着ていた。
その生地は分厚く、爪でいくら掻いても手が届かないので力が入らず、かゆみが止まらない。
これだけ聞くと大したことないように思えるが、想像してごらんなさい?。
決 し て 動 い て は い け な い 式 典 の 中
背 中 が か ゆ い の に ど う あ が い て も 掻 け な い と い う
地 味 な 苦 し み を … 。

さあ困った困った。
正座1時間も耐えられないような人一倍我慢というものが嫌いなTさんは困りました。
しかもこのまま直行でさらに長い卒業式まであるのだ。この痒みに耐えながらでは荷が重い。
このままでは集中できない。何より痒い、たちけてマンマミーア。さあどうする。
仕方ないので、運良く隣にいた知人を使う。

(Tさん)「頼む、背中を掻いてくれ。」

(知人)「え~、まったくもう…。」

という訳で、第一関門クリア。心の広い友人で助かった。
え?これだけかって、ノンノンノン、こんなもんじゃ悲劇とは言わんぜよ。


と、言いたい所だけど、やっぱ長いね。
物語を引くっていうのは好きなスタイルじゃないんだけど
これ以上長くすると勿体無い中だるみしてしまうかもしれないし
ここはこの話は2回に分けたいと思います。
非常に申し訳ありませんが、なにとぞご了承ください。


上の文を一言で表すと、「続きは次回見てちょんまげ」って事だ。

という訳で、次回、「卒業証書授与式」に続く。

2009-02-25

ネズミーランド

今日はネズミーランドに亡命してきた。
昔から俺は「遠足の前の日は寝付けない症候群」を発症しているため不眠症だったが
そんなものは楽しみだという気持ちに打ち負けていたのでテンションが高かった。


雨だが。

なんかもうどうでもよくなってきた。とりあえず行ってきたからには報告するぜ。
まぁ、ネズミーランドで乗ったアトラクションと言えば2つしかなかったけどな!。
じゃあとりあえず一つずつレビューしていくぜ!。


・スペースマウOテン
変な室内に入れられドバーンゴカーンドドドドド
顔的に怖がって言いキャラじゃないのでリアクションを取らなかったけど
はぢめてのジェットコースターだったから内心結構ヤバかったぜ。
一番心配だったのが「荷物が吹っ飛ぶこと」と「故障の心配」だったのが俺らしいがな。

・スターツOーズ
3Dの世界にGO!
やってらんない程酔った。これに乗ったのは失敗だったて言う位酔った。


え?他の時間は何してたかって?


知人とはぐれて
  
一人で皆を探してました。


死にたくなる位
孤独だったよぉおおおおう!!!。
ちくしょうめぇええええっっ!!。




今日ネズミ大国に行ってない人はクリックオブ戻るでお願いします。


とりあえずすかふぇ様、合流できずに申し訳ありませぬ。
…というか、合流しない方がそっちの為だったかね。
こんな気持ち悪い奴が居ちゃ楽しいもんも楽しくなくなるってか!その通りかもしれないな!。
自重するわ!ハッハァーイ!。



明日は映画見てくるぜ!。
大したネタを期待するな!俺は想像を絶するカスだからな!!。

Copyright (C) 田爾殻雑記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。