FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-16

1周年記念おふざけ

まずは本家「田爾殻日誌」が1周年を迎えた旨の報告と
読者様への感謝の旨、そして今後一層のご愛顧の懇願を述べさせて頂く。


本当に有難う御座います。そして今後とも御贔屓に。
この文を閲覧している全ての読者、つまり貴方は私の力の源です。
どうか、「なんかコメントしづらいな」と躊躇する方も、気軽にコメントを下さい。
もちろん、古参の方の応援あってこその田爾殻ですので、知音達も是非どうぞ。
「「Friendly Freedom」」の「2F」が田爾殻のモットーで御座います。
そこで見てくれている貴方に言っています。是非、これからもよろしく、と。


そして、これからが今日の本題である「(笑)についての論文」だ。
このかしこまった文調や内容は来るべく筆時の予行なので考慮しなくて良い。
それでは閲覧願おう。

世の中のブロガーやウェブログサイト管理人(以下総称管理人)は己がサイトに
一人でも多くの読者を招けるように日々努力するのが普通となっている。
そんな中、多くのサイトでの主体となるものが「文章」であろう。
絵日記であろうと、小説であろうと、日誌であろうと、それは文にカテゴリーされる。
その文の中、自分の文才でどれだけの人を楽しませられるか…
そこに全てを懸ける人は後を絶たない。
それが管理人の性、なのであろうか。

そして、このメディア世代における「高い文才能力」というのは必ずしも一つでは無い。
高い文才のみを目指し、作家を手本として文を組み立てる管理人もいれば
ただ楽しい文、目指している文であれば文才など気にしない管理人もいる。
さまざまな要素を散りばめ、結果として大成したものこそが「文豪」と呼ばれる。

世界には多くの人がおり、趣味、性格が一致するものは少ない。
そんな中、より大衆に受けるような文を書くのが一般的であり、マナーであると言える。
一部の人には受けても、大勢の人を不快にさせる文は、結果として大成出来ない。
その点を踏まえて、己が個性を光らせる。これこそが我々の目指す高みである。

そんな文の中で、最近良く使われるフレーズがある。
自分の言った「笑いどころ」をより深く理解して頂く為につけられ、今や使わぬ方が少ない。
そんな市民権を獲得したナチュナルフレーズが「(笑)」だ。
私は滅多にこのフレーズを使わないが
この「(笑)」が文のクオリティを高める効果がある事は知っている。

この「(笑)」には、場の雰囲気を和ませる効果や
気さくな空気をメイクするという複数のメリットがある。
それに引き替え、デメリットは数少ない、非常に便利なフレーズである。
多くの人に愛用される理由の一環がその手軽さ、便利さであろう。
使い道を間違えたとて、それは失敗にならない保険性も兼ねている。

例を某所より引用すると、以下のようになる。

「私はその人とよく食事に行きます。
 その人はかなり大食いなので困ってるんですよ。」
↑(笑)の存在しないパターン

「私はその人とよく食事に行きます。
 その人はかなり大食いなので困ってるんですよ。(笑)」
↑(笑)の存在するパターン

どうであろうか。
(笑)を文末に入れただけで、「本当に困っている」という文体ではなく
「深刻では無い」という文体に変化したと思われる。
このように、文末に(笑)を入れるだけで「冗談めいた」という雰囲気のメイクに成功する。
これは使いようによっては文のアイデンティティを向上できる。

便利さに兼ね、これには数多くのアレンジタイプが存在する。
「w」等の連呼、「ハッハッハ」という直的笑い声の混入、または笑い声で笑いを誘ったりと
どれも使いやすく、乱用されるが、亜種は比較的使いどころが限られる。
しかし別の用途でも使用できるので、これまた文のクオリティ向上が見込めそうだ。

この(笑)タイプの他にも、(泣)や(爆)等の別タイプも数多く存在するが
それはタイプこそあっていても用途法が別なので考慮に入れぬ事とする。

ここで、(笑)についての資料として、ネット百科の誉れ高い「Wikipedia」を参考させて貰うと
(笑)は第二次世界大戦以前から使用されているという記事が発見された。
私はこれに驚愕を隠せない。
私の独断的偏見では(笑)はインターネットの普及した2000年以降だと思っていた。
それがそんな太古から存在したとは目から鱗だ。
やはり(笑)は笑的雰囲気を楽に作れるために編集者に重宝されたらしい。
今も昔も、(笑)は文の必需品だったのだ。

さて、(笑)についての独断的感想はここまでにさせてもらう。
(笑)がいかに有効で、使用に関する便利さを認知してくれれば幸いである。






ま、俺は巧く使えないから使ってないんだけどね。(笑)

スポンサーサイト

コメント

「F2」懐かしいな

元コン部のモットーでしたwww


よく覚えてたなぁ(考案者が何言ってんだよ)

スイーツ(笑)とかVIPの所為で俺は(笑)を歪んだ捕らえ方しかできなくなった
もうwから戻れない

なーんて(笑)


だめだ、腹がたってしょうがないぞこれは

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://watatukami.blog114.fc2.com/tb.php/33-730e2099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 田爾殻雑記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。