FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-12-24

聖夜の報い ~Liazyu domo me~

キリスト教徒にとって、いかなる日よりも重要で、祝われるべき日。クリスマス。
その前日――クリスマスイヴは、たとえキリスト教徒でなくとも、祝福が飛び交う日だ。
人々はみな愛しい人を想い合い、幸せな一日となる。
そして、聖夜に感謝の祈りを込めて、満点の笑みでこういうのだ。

「聖夜に幸あれ」






対する俺。
誰もいない自宅の中で、一人パソコンをしている。
明日はバイト。クリスマスもイブも何ひとつ快楽悦楽のない一日――逆にいえば、単なる平日。
昨日と今日の違いを箇条書きにしたら項目の数は2~3が限界。
子供の頃に楽しかったクリスマスは、ただ単にみじめさを募らせるだけの一日と朽ち果てた。
そして、聖夜にはち切れんばかりの嫉妬を込めて、狂気に満ちてこういうのだ。

「滅びろ聖夜」



ウボァー

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://watatukami.blog114.fc2.com/tb.php/68-c50ab276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 田爾殻雑記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。