FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-10

田爾殻5分クッキング

伊達正宗が時の太閤である豊臣秀吉にさっさと来いと言われているのにも拘らず
謁見するのを渋ったときに言った言い訳を何だと思う?。

(伊達正宗)「だって寝坊しちゃったんだもん。」(←伊達とかぶらせてる)

ん~面白いだろ~?笑えよ秀吉ィ~~。
笑わないと自慢の鉄砲隊で股間を焼き討ちするぜ?。

と言う訳で、汚盛の買ってきた漫画を猿のように読み漁りつつも
期末と言う名の試験を与えられてどれくらいの勉強したらいいか模索期間な訳だが
世の学生たちは既に模索を終え努力してる訳で、俺はひとりぼっち置いてかれてる訳で…。
もうこーなったら逆走を始めてワースト1を目指して見るのも一興かもしれない。

さて、腹が減っては戦というより何も出来ぬので飯にする。
親は学校から帰ってきた時点で外出中。汚盛は…寝てやがる。と言う訳でレッツクッキンだ。
と言っても、俺に料理なんて高等スキルはさらさらない訳で、元々完成した料理が凍ってる
冷凍食品と言う田爾殻の味方を冷凍庫より召喚する訳ですわ。つーかこれ位しか食うもんが無い。

と言う訳で、昨日近くのスーパーで美味そうと思って買っておいた(無論俺の金では無い)
冷凍の坦々麺(漢字の正誤は知らん)を食べることにする。
ネタが無い時はただ飯を食うだけでもネタにするのだ。見てくれてる人に謝罪したい。
まぁ冷凍食品なんてパパパっと温めてドカっと盛れば終わりだし
そんなに面白い事もねーな、今日はネタなしで終わりかなどと考えながら封を開けた。

すると俺を出迎えてくれたのは、凍った麺とあり得ないくらいの大量のネギでした。(ネギ嫌い)

……………食べ物を粗末にしたくなかった…ッ!。



水を沸騰させ麺を茹でる。流しに大量のネギが捨ててあるが気にしないで調理を続行する。
レンジを使ってタレを温めろという文を完全に無視し、ポットにあるぬるま湯でタレを温める。
お湯が沸いた。とりあえず麺を突っ込むとネギの残党が浮き出てきた。
仕方ないのでお湯を全部捨て、再び水の状態からやり直す。勿体無いが背に腹は代えられん。
俺はネギを食うと急性味覚的障害で死ぬ。

そんなこんなで再びお湯が沸いた。麺を5分程茹でろとか書いてあったので茹で始める。
体内時計で5分程経ったのち、お湯を表面に浮いているネギとともに捨てる。

その後茹であがった麺を盛り、タレをぬるま湯の中から出す。
さっき5分計ったつもりだったのが実際にはたったの2分ほどだったので
まだ麺が小麦粉感満載のもはや麺では無くなっていたがまあ固麺が好きなので良しとする。

(田爾殻)「さぁ~って、愛しの坦々麺完成まであと何行程あるんだ?。
      なになに?[茹でる時のお湯にタレを入れる]か…。お湯って今捨てたののこと?。」

急遽坦々麺がつけ麺に変更された。
スープの無い坦々麺などお麩の無いすき焼きに等しい。否、それはすき焼きでは無い。
つまりスープの無い坦々麺など既に坦々麺では無いのだよ!。

と、言う訳で、タレを薄める事無く小さな小鉢に入れる。
辛そうな成分が大量に入っているが俺の舌を信じて食べるしかない。
電子レンジで温めるべきタレをお湯で温めてしまったため、加薬である肉がまだ凍っている。
最後に麺を水で締めて出来上がりだ!見た感じパッケージのそれの面影は…無い。
はい、じゃあここまでの輝かしい調理をおさらいしましょう。

1、麺を茹でる(5分茹でるはずが間違えて2分に)
 ↓
2、タレを温める(電子レンジで温めるはずがお湯で解凍しただけ)
 ↓
3、茹でた際のお湯にタレを入れスープを作る(お湯は今頃下水処理場。つけ麺に変更)
 ↓
4、スープの中に麺を入れ完成(そもそもスープが存在しないので水で締めて完成)


なんか一つの工程も正しく行っていない気がするが、まぁ大した影響は無いだろう。
いざ、実食!


パクパクムシャムシャバリバリゴックン





グフッ!。

スポンサーサイト

コメント

No title

このグフッ!ほど生々しい文も中々無い気がするわ
毎回思うけどお主ほんと文才あるよね・・・少しくれ、な?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://watatukami.blog114.fc2.com/tb.php/7-670b36bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 田爾殻雑記. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。